全粒粉パンの糖質は?/小麦の食パンとのカロリーなどを比較

目次

全粒粉パンの糖質/食パンのカロリーは?

全粒粉食パンに含まれる糖質

全粒粉パンは普通の食パンに比べて糖質が低いことで人気があります。
糖質オフダイエットを気にしている人は、普段食べているパンを全粒粉パンに置き換えるだけでも効果があると言われています。
全粒粉パンに含まれる糖質は小麦粉パンと比べてどれぐらい差があるのでしょうか。

全粒粉入りの食パン一食に含まれる糖質の量は63gです。
また全粒粉のみで作られた食パン一食に含まれる糖質の量は57gです。
小麦粉と全粒粉をブレンドして製造された食パンは糖質が高いことがわかります。
市販の全粒粉パンは食べやすさや柔らかさを重視するために、小麦粉と全粒粉をブレンドして作られているものが多いのです。

全粒粉食パンのカロリー

全粒粉パンは糖質だけでなくカロリーも普通の食パンに比べて低いです。
全粒粉入り食パンのカロリーは347kcalです。
全粒粉のみで製造された食パン一食のカロリーは328kcalです。
カロリーも全粒粉のみで製造されたパンの方が低いことがわかります。

全粒粉パンは糖質もカロリーも小麦粉の食パンに比べて低いことから、美容やダイエットを気にしている人には最適な食品と言えます。

糖質制限でも!HBで全粒粉100%食パン

糖質制限でも!HBで全粒粉100%食パンの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

このレシピではホームベーカリーを使用しています。
糖質制限中にも罪悪感が和らぐ全粒粉100%のパンレシピです。
小麦粉のみのパンより栄養価が高く、歯ごたえと全粒粉の深い味わいが特徴です。

詳しいレシピを見る(cookpad)

低GI・低糖質★ふんわり全粒粉パン

低GI・低糖質★ふんわり全粒粉パンの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

このレシピには強力粉が含まれており、生地作りの工程ではホームベーカリーを使用しています。
材料を混ぜてセットするだけで簡単に作れます!
ほんのり甘く、しっとりふわふわの全粒粉パンに仕上がります。

詳しいレシピを見る(cookpad)

全粒粉パンの糖質/小麦粉パンと比較すると

ダイエットを気にする人には全粒粉パンがおすすめ

私たちが普段食べ慣れている小麦粉パンは、全粒粉パンと比べると味にクセがなくふんわり柔らかいのが小麦粉パンの特徴です。
しかしダイエットを気にする人には、カロリーや糖質が低い上に食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養価も豊富に含まれている全粒粉パンがおすすめです。

小麦粉パンと全粒粉パンの糖質とカロリーの比較

小麦粉パンと全粒粉パンでは、糖質やカロリーはどれぐらいの違いがあるのでしょうか。
小麦粉100%で作られたパンのカロリーは365kcal、糖質は69gです。
全粒粉入り(50%)で作られたパンになると、カロリーは347kcal、糖質は63gです。
全粒粉100%で作られたパンはカロリーが328kcalで、糖質は57gです。
小麦粉と全粒粉がブレンドされて作られているパンは、全粒粉パンと比べるとカロリーも糖質も高いことがわかります。

つまり小麦粉の配合比率が高ければ高いほど、カロリーも糖質も高くなるということです。
そのため糖質を気にする人やダイエットに気を遣っている人は、全粒粉の配合比率が高いパンを選ぶ方が効果が出やすいと言えるでしょう。

全粒粉パンの糖質/Pascoの全粒粉パン

市販の全粒粉パンの種類

最近市販でも全粒粉パンの商品を見かけるようになりました。
Pascoから発売されている全粒粉パンの種類には、食パン・ロールパン・イングリッシュマフィンがあります。
いずれも国産小麦を使用して製造されているので、残留農薬や添加物の心配がなく安心です。

またふんわりとした食感と噛めば噛むほど小麦の香ばしさを味わうことができ、健康志向の人々に人気があります。
軽くトーストして食べても美味しいですが、野菜やハムを挟むことで栄養バランスの良い食事になるでしょう。

それぞれの商品のカロリーと糖質の違い

Pascoから発売されている全粒粉パンそれぞれに含まれるカロリーと糖質はどれぐらいなのでしょうか。
国産小麦を使用した全粒粉食パン(6枚切り・1枚あたり)はカロリーが155kcalで、糖質は25.6gです。
全粒粉ロールパン(1個あたり)はカロリーが101kcalで、糖質は15.9gです。
全粒粉イングリッシュマフィン(1個あたり)はカロリーが152kcalで、糖質は28.2gです。

小麦粉で作られた同じ商品と比べるとカロリーも糖質も低くなっています。
健康を気遣う人ならば全粒粉入りのパンを選ぶことをおすすめします。

全粒粉パンの糖質/ライ麦パンの特徴

全粒粉パンと似たものにライ麦パンがあります。
ライ麦粉は見た目が全粒粉より黒っぽいですが、パンの焼き上がりはよく似ているので混同されやすいです。

しかし味は全粒粉パンとライ麦パンで全く異なります。
全粒粉パンは小麦の香ばしい風味があるのに対し、ライ麦パンは少し酸味があります。
また全粒粉パンに比べて少し低糖質なのも特徴です。

ただし脂質は小麦粉で作られた食パンよりも高く、カロリーもそんなに低いわけではありません。
全粒粉と同じく食物繊維やビタミン・ミネラルは豊富に含まれているので、栄養価は優れていると言えます。
市販品ではライ麦パンとして売られていることは少なく、全粒粉とライ麦粉がブレンドされて、全粒粉とライ麦入りのパンとして販売されていることがほとんどです。

全粒粉パンの糖質/セブンイレブンでも取り扱いあり

手軽に食べられるサンドイッチはコンビニでも人気のある商品です。
セブンイレブンでは全粒粉入りパンで作ったサンドイッチが販売されています。
全粒粉パンを使ったサンドイッチには、「シーザーサラダのサンドイッチ」「色どり野菜ミックス(チーズソース)」「生ハムクリームチーズ&アボガド」があります。
サンドイッチであれば野菜やハムなどが入っているので、栄養バランスも良く健康に良い食事を手軽に摂ることができます。

サンドイッチだけではなく、7プレミアム全粒粉入りクルミパンも人気があります。
全粒粉の小麦の香ばしさにくるみの香ばしさがプラスされ人気の商品です。

気をつけたいのは低糖質表示が全粒粉入りとは限らないことです。
低糖質表示のあるパンが全て全粒粉入りとは限りませんのでご注意ください。

全粒粉パンの糖質/コストコはまとめ買いにぴったり

「21穀オーガニックパン」とは

コストコで販売されている有機食パンの「21穀オーガニックパン」は、その名の通り、21種類の穀物が使用されています。
750gのパンが2つも入っていて大容量でお買い得です。

21種類もの穀物が生地に練り込まれている上に表面にもゴマや穀物がまぶしてあって、食べ応えのあるパンです。
スライスされている1枚あたりの糖質は約21gです。

「オーガニック マルチグレイン with オメガ3」も人気

他にもコストコには人気の有機食パンがあります。
それは「オーガニック マルチグレイン with オメガ3」です。
容量は510g、1.5斤分あり、2センチほどの厚さにスライスされています。

オメガ3という体内では合成できない有機アマニが含まれているのが特徴です。
オメガ3は血液をサラサラにし、視力の回復や脳の活性化に効果があると言われています。
ひまわり・アマニ入りなのでカロリーはそこまで低くありませんが、体に良い成分が含まれています。
1枚あたりの糖質は約13gです。

コストコ利用上の注意点

テレビでもよく特集が組まれるほど人気のコストコはほとんどの商品が大容量で販売されていて、しかも安いのでまとめ買いに向いています。
パンなども大容量なので、最初からスライスされているものを購入すれば手軽に食べられ、保存も便利です。
大家族の買い物にはもちろんですが買った物を友達とシェアしても良いでしょう。

ただし会員制で年会費が必要なので、初めて行く人は要注意です。

全粒粉パンの糖質/全粒粉100%ならぐっとヘルシーに!

全粒粉100%なら低糖質

市販の全粒粉パンは小麦粉とブレンドして製造されているものが多いです。
小麦粉の配合割合が高いとカロリーや糖質が高くなりがちです。
全粒粉100%で製造されたパンを選べば、ぐっと糖質を減らすことができます。
糖質オフダイエットにも適した食品です。

全粒粉100%なら栄養価も高い

全粒粉パンは小麦粉パンに比べて栄養価が高いことも特徴です。
特に食物繊維やビタミン・ミネラル・鉄分が豊富に含まれていて、腸内環境の改善や体の調子を整える効果があります。
また全粒粉パンはGI値が低く、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるために太りにくいと言われています。

全粒粉100%はダイエットにもお勧め

全粒粉は小麦粉に比べてグルテンを形成しにくいと言われています。
そのため、小麦粉パンよりも噛み応えのあるしっかりとした生地のパンに焼き上がります。
噛めば噛むほどに小麦の香ばしさも広がり咀嚼回数が増えて少量でも満腹感が得やすいことも、ダイエットにお勧めの理由の一つです。

市販の全粒粉パンは小麦粉とブレンドされていることがほとんどなので、全粒粉100%のパンは通販で購入する方が便利でしょう。

全粒粉100%のまるパン

全粒粉100%のまるパンの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

素朴な味わいを楽しめる全粒粉100%のパンレシピです。
中にあんこを入れてあんぱんにしたり、サンドイッチにしてアレンジも自在。
噛みごたえもしっかりあって、噛めば噛むほど香ばしさが広がります!

詳しいレシピを見る(cookpad)

「全粒粉パン 糖質」についてのまとめ

この記事では「全粒粉パンの糖質」についてまとめました。
全粒粉で作られたパンは、小麦粉で作られたパンに比べて糖質・カロリーともに低くなります。

数値でみると、小麦粉100%のパンはカロリー365kcal・糖質69gに対して、全粒粉100%のパンはカロリー328kcal・糖質57g程度となります。
また全粒粉はGI値が低いため、食後の血糖値の上昇が緩やかになり、食べ過ぎ防止に役立ち、ダイエット中の人にも適しています。

全粒粉パンを選ぶ際には、小麦粉が多くブレンドされているものよりも、全粒粉の配合率が高いものを選ぶとよいでしょう。
なお全粒粉パンには、Pascoの全粒粉食パンや、セブンイレブンの7プレミアム全粒粉入りクルミパンがあります。

上記に、全粒粉パンのおすすめレシピも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

目次
閉じる