全粒粉パンとライ麦・全粒粉100%との違い、市販のおすすめコンビニパン

目次

全粒粉パンの市販品/おすすめの全粒粉・ライ麦パン

全粒粉パンは手軽に買える?

全粒粉パンはスーパーやコンビニで購入することができますが、その種類はあまり多くありません。
全粒粉の人気に伴ってその種類は増えてきましたが、一般的な小麦粉のパンの方が、圧倒的に種類が豊富です。

また、市販の全粒粉パンには小麦とライ麦から作られた全粒粉が使われている場合が多いですが、その配合割合については不明なものが多いです。
含まれる全粒粉の種類については、表示の原材料を確認することが必要です。
全粒粉の配合割合が高いパンを購入したい場合は、スーパーやコンビニでは種類が少ないため、通販で探す方が見つかりやすいかもしれません。

健康に良い全粒粉パンを選ぼう

健康ブームの高まりにより、主食のパンを全粒粉パンに置き換える人も増えています。
小麦粉で作られたパンよりも食物繊維やビタミン、ミネラルなどが多く含まれ、糖質も低いことからダイエットを気にする人にも人気があります。
健康のために毎日食べるという人は、成分表示を確認し、添加物や保存料の少ないものを選ぶ方が良いでしょう。

また、全粒粉の配合割合によって風味の違いや食感の違いを楽しむことができるのも、全粒粉パンの人気の理由の一つです。
全粒粉の配合が多いと噛み応えのあるしっかりとした食感を楽しむことができ、少量でも満足感を味わうことができます。
好みは分かれますが、全粒粉が多いと小麦本来の香ばしい味わいが強く出ると言えるでしょう。

全粒粉パンの市販品/全粒粉100%パンは通販が一般的

全粒粉パンは風味が良く、栄養価も高い

ヘルシーで栄養価が高く人気の全粒粉パンですが、全粒粉100%で作られたものは小麦本来の香ばしい味わいを楽しむことができます。
噛み応えもあり、噛めば噛むほど小麦の風味が出てきます。

全粒粉パンは小麦を丸ごと挽いているのでグルテンフリーではありませんが、ライ麦全粒粉100%のパンはグルテンフリーに仕上げられます。
ライ麦にも食物繊維やビタミンが多く含まれていて、栄養価が高いことも嬉しいポイントです。

全粒粉パンは膨らみにくい

全粒粉は小麦粉に比べてグルテンの量が少ないので、パンを焼いた際に少し膨らみが悪くなる傾向があります。
そのため全粒粉パンのほとんどは角食(スクエア型)です。
また全粒粉パンの中には消費期限が短いものもありますが、これは保存料や添加物が少ないからとも言えるでしょう。

全粒粉パンは通販で購入する方が種類が豊富

市販の全粒粉パンは小麦粉と全粒粉の割合が不透明である場合が多いです。
小麦粉が多いとカロリーや糖質が高くなってしまう場合があるため、全粒粉100%のパンを購入したい場合には通信販売で購入する方がバリエーションも豊富です。

また全粒粉パンの価格についてですが、基本的に全粒粉パンは小麦粉のパンに比べて値段が高めの設定です。
なぜなら全粒粉は小麦粉に比べて消費者の需要が少なく、流通量も少ないために価格が高くなってしまうのです。

全粒粉パンの市販品/コンビニやスーパーでも買える

健康ブームに伴って人気の全粒粉パンですが、最近ではコンビニやスーパーでもよく見かけるようになりました。
小麦粉で作られた一般的なパンに比べて種類は少ないですが、消費者のニーズとともに少しずつ増えてきています。

コンビニではランチなどに手軽に食べられるサンドイッチや総菜パンに全粒粉パンが使われている場合が多く、ヘルシー志向の人々に人気が高い商品です。
ただし全粒粉パンを取り扱っていない店舗もあるので注意しましょう。

スーパーでは全粒粉を使用した食パンやロールパンの種類が多く売られています。
そのまま焼いて食べても美味しいですが、野菜やハムなどを挟んで食べることによって、より栄養価を高めることができます。
健康に気を遣う人やダイエットに気を付けている人にとっても手軽に購入できるようになり便利です。

全粒粉パンの市販品/ダイエットに活用できる

全粒粉パンでダイエット

全粒粉パンは小麦粉で作られたパンに比べてダイエットに向いていると言われています。

その理由の一つは全粒粉は小麦粉に比べて栄養価が高いことです。
特に食物繊維・ビタミン・ミネラル・鉄分などが多く含まれています。
そのため、普段食べているパンを全粒粉に置き換えるだけでも食事バランスの改善に役立ちます。

そして食事後の血糖値の上昇が緩やかであることもメリットです。
血糖値が急激に上がる食品は脂肪に糖分を溜め込みやすく、肥満のもとになると言われているからです。

また全粒粉パンはもっちりと噛み応えがあるので、少量でも満腹感を得やすいことも特徴です。
低糖質・低カロリーなので糖質制限ダイエットにも最適です。

食物繊維が豊富に含まれていることから腸内環境を改善します。
栄養の吸収が良くなることで代謝が良くなり美容にも良いと言われています。

食べ過ぎには注意

全粒粉がダイエットに良いと言っても食べ過ぎには注意しましょう。
特に市販の全粒粉パンは全粒粉100%で作られているとは限りません。
全粒粉はグルテンを形成しにくいことから膨らみにくいため、小麦粉が配合されているものも多いのです。

小麦粉の配合割合が高くなると糖質やカロリーも高くなるので、食べ過ぎには注意が必要です。
またいくら全粒粉の栄養価が高くても全ての栄養素を補えるわけではないので、バランスの良い食事を心掛けましょう。

全粒粉パンの市販品/全粒粉の配合割合に注目

全粒粉の配合割合に注意

スーパーやコンビニで売っている全粒粉パンのほとんどは、全粒粉100%ではありません。
全粒粉はグルテンを形成しにくく膨らみにくいため、それを補うために小麦粉が配合されているものが多いのです。
全粒粉の配合割合が高いものを購入したい場合は、通販を利用する方が種類も豊富です。

一般的に、スーパーやコンビニで販売されている「全粒粉入りパン」は、全粒粉の配合が20%以下がほとんどです。
小麦粉の割合が高いとその分カロリーや糖質が多くなってしまいます。
市販の全粒粉入りパンを購入する場合はその配合割合もよく見る必要があります。

全粒粉の配合割合の違い

全粒粉の配合割合で味や食感は変わってきます。
全粒粉の配合割合が高いパンの特徴は小麦の風味が強く、香ばしい味わいになります。
もちもちとした食感も強くなり噛み応えがあるので咀嚼回数が増え、少量でも満腹感を得ることができます。
また糖質が低く、肥満になりにくいというメリットもあります。

一方全粒粉の配合割合が低く小麦粉の割合が多いパンは、普段私たちが食べ慣れているパンに近いものになります。
見た目も白く小麦の風味が薄れるので、味のクセが無く食べやすいです。
そして食感はふんわりとしていて食べやすいことも特徴です。

全粒粉パンの特徴である小麦の風味が苦手な人は、まずは全粒粉の配合割合が低いものから食べてみると良いでしょう。

全粒粉パンの市販についてまとめ

この記事では「全粒粉パンの市販品」についてまとめました。
健康ブームの高まりによって、スーパーやコンビニなどで全粒粉パンが手軽に購入できるようになりました。

全粒粉パンは、もちもちとした食感が特徴で、噛み応えがあるため、少量でも満腹感を得やすくなります。
そんな全粒粉パンですが、「配合比率」に気をつけて選ぶことが大切です。
というのも全粒粉はグルテンを形成しにくく膨らみにくいため、それを補うために小麦粉が配合されていることが多くなるからです。

もし100%全粒粉パンを購入したい場合は、種類も豊富な「通販」を利用しましょう。
そして全粒粉パンを初めて食べるという人は、配合率が少量のものから試してみることをおすすめします。
全粒粉の配合比率をチェックしつつ、全粒粉パンの味わいを楽しみましょう。

目次
閉じる