米粉は小麦粉の代わりになる?/代用品や置き換えについて

目次

小麦粉の代わりに米粉/薄力粉のクッキーやケーキで代用

グルテンフリーでアレルギーでも安心の米粉

小麦粉の代用品として人気の米粉ですが最も大きな違いがグルテンです。
グルテンは小麦粉には含まれていますが、米粉には含まれていません。
アレルギーなどの小麦による体調不良の原因はグルテンだといわれています。
このため、体に負担をかけにくい米粉が健康志向の人たちに注目されているのです。

食感が違う

グルテンはたんぱく質の一種ですが、小麦粉の持つおいしさを引き出す役割を持っています。
ふわふわの弾力や小麦粉特有の粘りを出すのはグルテンの働きによるものです。

米粉は弾力性にやや劣りますが、その代わりにもっちりとした食感が魅力。
また、クッキーに使うとサクサクとした歯触りが生まれます。

レシピ/小麦アレルギーのための米粉クッキー

息子のための米粉クッキーの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

グルテンフリーのクッキーレシピです。
米粉を100%使用しており、小麦アレルギーの方も食べられます。
バター不使用なのもヘルシーで嬉しいですね。

サクサクの食感と素朴な味わいが楽しめます。

詳しいレシピを見る(cookpad)

レシピ/きほんの米粉パウンドケーキ

きほんの米粉パウンドケーキの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

シンプルでヘルシーな米粉パウンドケーキのレシピです。
混ぜるだけでもカステラのような仕上がりに。
温めてから食べると更にもっちり感が増します。

生地の味を変えたり、トッピングでアレンジを楽しんでみて下さい。

詳しいレシピを見る(cookpad)

米粉を小麦粉の代わりに置き換えるメリット

小麦アレルギーでも安心して食べられる

小麦粉の代わりに米粉を使うメリットの中でも、最も代表的なものが小麦アレルギーの心配がないことです。
最近小麦アレルギーのお子さんが増えています。
また大人であっても小麦に耐性がなく、下痢や便秘、倦怠感などさまざまな不調が起こるケースもあります。
小麦による体への影響を心配せずに食べられるのが大きなメリットといえるでしょう。

低カロリーでヘルシー

米粉を使うことでカロリーを抑えることができるのもメリットです。
小麦は油をしっかりと吸収しますが、米粉は油をはじく性質があります。
このため、揚げ物の衣やドーナツなどの揚げ菓子に米粉を使うのがおすすめ。
カラッと仕上がる上に低カロリーでヘルシーです。

取り扱いが楽

米粉は小麦粉に比べてさらっとした質感をしています。
このためダマになりにくいのです。
小麦粉は使う前にふるわないとダマになることがあります。
米粉はふるわなくてもダマにならないので一手間省けます。

また、水となじみやすいので後片付けも簡単です。
水で簡単に洗い流せるので洗剤を使う量を減らせるのです。
環境にも優しいといえるでしょう。

国産製品が手に入りやすく安心

国産の製品が手に入りやすいのも魅力です。
小麦粉は多くを輸入に頼っています。
これは日本がお米の国だからです。
国産の小麦粉はまだ生産量が少ないのですがお米は各地で作られています。
国産の米粉が手に入りやすく、食の安全面でもメリットがあるのです。

食料の国内自給率を上げる効果も

国産の米の消費を増やすことで農家を守り国内自給率を上げることができます。
水田は自然環境を維持する上でも、重要な存在です。
水田が増えると、豪雨などで雨量が増えてもしっかりと水を蓄えてくれます。
これによって洪水などの水害が減らせるのです。

また水田にはたくさんの生き物が住んでおり、生物の多様性を保つためにも重要な役割を担っています。
お米を積極的に消費することが、日本の原風景ともいえる水田景色を守ることにつながります。

米粉を小麦粉の代わりについてまとめ

ケーキやクッキーなど、小麦粉を置き換えても使える万能な米粉。
この記事では、小麦粉を米粉で代用する際の使い方やレシピ、メリットについてまとめました。

米粉はパンやお菓子など幅広く代用されるようになっていますが、小麦と違ってグルテンが含まれていません。
パンやケーキを膨らませる働きをするグルテン。
普通のレシピをそのまま米粉に置き換えるとうまく膨らまないことが多いので、米粉用のレシピを選ぶのが成功のコツです。

いつも食べているお菓子も米粉に置き換えることで、カロリーを抑えたヘルシーなお菓子に変身。
米粉は粒子が細かいのでダマになりにくく取り扱いやすい特徴もあるので、パンやお菓子作り初心者でもチャレンジしやすいのでオススメです。

目次
閉じる