グルテンフリーの食事例/ダイエット向けのレシピ、小麦なしの効果

目次

グルテンフリーダイエットの食事例とレシピ

グルテンフリーの食事はヘルシーな健康法としても人気

グルテンフリーの食事はもともとセリアック病の人の食事療法として活用されていました。
しかしグルテンアレルギーや小麦粉アレルギーでも無自覚という人はたくさんいます。
そうした人がグルテンフリーの食事をすることによって体内環境が改善できる点から、現在では多くの人がヘルシーな食事方法として活用しています。

まずは2週間試してみよう!よい変化を感じたら継続を

グルテンフリーの食事はグルテンアレルギーの人にとっては大きな効果が期待できます。
しかしグルテンアレルギーではない人にとっては健康効果はあまり期待できません。

そのため健康的な食事法として取り入れるなら、まずは2週間ほど試してみることをおすすめします。
実際に2週間続けてみて体調に変化が現れたら、さらに継続するという方法がおすすめです。

小麦粉は中毒性がある?ダイエットには適さないってほんと?

小麦粉には炭水化物が多く含まれているだけでなく強い中毒性があります。
小麦粉で作った焼き菓子や揚げ物、パンなどを食べると幸せホルモンが出てもっと食べたくなってしまいます。

グルテンアレルギーではない人にとっても小麦粉はこの点であまりお勧めではありません。
中毒性があるためについつい食べ過ぎてしまい肥満の原因になりやすいからです。

お米を食べてOK!グルテンフリーは糖質制限じゃない

グルテンはたんぱく質の一種で、グルテンフリーは糖質制限とは異なります。
そのためグルテンフリーの食生活をしているからと言って、お米などの炭水化物やフルーツなどの糖質を食べてはいけないというわけではありません。
お米にはグルテンは含まれていないので、グルテンアレルギーの人でも安心ですしグルテンフリー食事中でも問題ありません。

小麦粉は米粉・とうもろこし粉・大豆粉などで代用可能

グルテンフリーな食生活では小麦粉の代わりに米粉やトウモロコシ粉、大豆粉などを使うことができます。
粉によって特徴が異なるため何を作るかに合わせて適切なものを選びましょう。
小麦粉の代替となるグルテンフリーな粉はたくさんあるため、アレルギーの人でも安心です。

家庭で作れるグルテンフリーの食品とは

グルテンフリーな食品は家庭でも簡単に作ることができます。
例えばパンなら米粉を使うのが人気です。
米粉の中にはパン作りのために開発されたものもあり、小麦粉でつくるよりふっくらしたパンが焼けます。

クッキーやスコーン、マフィンなどの焼き菓子には大豆粉がおススメです。
栄養価が高くて低カロリー、低糖質なのでダイエット効果も期待できるでしょう。

レシピ/シンプル☆簡単サクサク米粉クッキー

シンプル☆簡単サクサク米粉クッキーの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

材料を混ぜて焼くだけのカンタンレシピ。
まとまりやすいので、初めて米粉スイーツを作る人でも失敗なし!
お子さんとのお菓子作りにもピッタリです。

詳しいレシピを見る(cookpad)

レシピ/米粉さっくりスコーン・プレーン

米粉さっくりスコーン・プレーンの画像(引用:cookpad)
引用:cookpad

米粉スコーン、米粉のレシピ検索で1位の人気レシピ。

材料を混ぜてオーブンで焼くだけでカンタンに出来上がります。
米粉のサクサクホロホロ食感がスコーンと相性ピッタリです。

詳しいレシピを見る(cookpad)

グルテンフリーの食事例/小麦を置き換えたときの効果

グルテンフリーで制限が必要な食材は?

グルテンフリーの食事ではグルテンを含む穀物を制限します。
グルテンを含む穀類には小麦がよく知られていますが、ほかにもグルテンと似た作用をするたんぱく質を含む大麦やライ麦などにも注意したほうが良いでしょう。

お米や野菜、果物…炭水化物は食べてOK

お米にや野菜、果物には、グルテンは含まれていません。
そのためグルテンアレルギーの人にとっても安心していただけます。

小麦は調味料やルーに使われていることも

カレーやシチューのルー、しょうゆや味噌などの調味料にも小麦は使われています。
グルテンフリーな食生活をする上では、こうした部分も成分表をチェックして確認する必要があるでしょう。

「小麦粉オフ」で少しずつグルテンフリーに近づけよう

これまでの食生活を完全にグルテンゼロにすることは難しいものです。
しかし少しずつグルテンフリーに近づけるなら、まずは見える部分の小麦粉を代替するものに変える「小麦オフ」な食生活から始めましょう。

米粉製品はグルテンフリーの食事の強い味方

グルテンフリーの食生活では小麦粉を使うことはできません。
そんな時におすすめなのが米粉を使った各種食品です。
米粉は強い風味や味がなく小麦粉の代替として使うことができます。
腹持ちが良く満腹感を得られるため、食事の際にはメリットが期待できます。

小麦が含まれる食品例

小麦粉を含む食品には、パンや麺類、ピザ生地などがあります。
揚げ物の衣に使われているパン粉や片栗粉、唐揚げ粉などにも、小麦粉は使われています。
焼き菓子などのスイーツにも小麦粉が入っています。

グルテンフリーはセリアック病の他にも効果のある食事療法

グルテンフリーな食生活は、小麦アレルギーやグルテンアレルギーを持っている人におすすめです。
セリアック病の症状が軽度に現れるグルテン不耐症などにとっても効果的な食生活です。

グルテンが消化の妨げになることも

グルテンに対する耐性が弱い人はグルテンをうまく消化できずに消化不良が起こりやすくなります。
しかしグルテンフリーな食生活によって消化不良が改善され、美肌効果があったり代謝機能がアップするなど、たくさんのメリットが期待できます。

グルテンフリー=痩せる とは言い切れない

グルテンフリーはたんぱく質の一種であるグルテンを制限する食事療法です。
炭水化物や糖質を制限する糖質制限ではありません。
グルテンフリーでもカロリーが高いことはあるので注意しましょう。

グルテンフリーの食事例についてまとめ

この記事では「グルテンフリーの食事例」についてまとめました。
もともとグルテンフリーとは、セリアック病などグルテンを摂取すると不調をきたす人を対象にした食事療法でした。
しかし現在では、腸内環境の改善やダイエットなどを期待し、グルテンフリーの食生活に挑戦する人が増えています。

グルテンフリーの食生活を成功させるコツは、代用できる食品を見つけること。
グルテンを多く含む食品には小麦粉がありますが、その代用としては、米粉・とうもろこし粉・大豆粉などがおすすめです。
これらの粉はそれぞれに特徴が異なるため、調理用途に合わせて選びましょう。

上記に米粉を使用したレシピもご紹介しているので、ぜひ挑戦してみてください。
そしてパンをご飯に代えるなど、できることから「小麦オフ」の食生活を実践してみてはいかがでしょうか。

目次
閉じる