グルテンフリーの食品/食べていいものは?コンビニパンでダイエット

目次

グルテンフリーの食品/食べていいもの・使っていい食材は?

グルテンフリーの食品

小麦アレルギーの人やグルテンフリー生活をしている人は食べる物に困らないのでしょうか。
パンやピザ、麺などの主食に限らず餃子の皮や揚げ物の衣など、小麦粉は様々な食品に使われています。
カレールーにも入っています。
そんな中からグルテンフリーの食品のみを選んで食べるというのは大変そうです。

しかし最近ではグルテンフリーと言う言葉もメジャーになりつつあります。
食料品売り場でもグルテンが含まれない商品をよく見かけるようになり選択肢の幅が広がりました。

小麦不使用の食品いろいろ

グルテンフリーの食品はたくさん出ていますが、その代表的なものが米粉パンです。
主食にパンを食べることも多くなった現代、米粉パンは救世主となっています。
たくさんのレシピも発表されており自宅で米粉パンを手作りする人も増えています。

そして小麦粉を使わない麺もたくさん出ています。
米粉や大豆粉を使用して作られた春雨やこんにゃく麺などもグルテンフリーです。
じっくり見てみるとグルテンフリーの食材というのは色々と種類があることがわかります。
しかも春雨やこんにゃく麺は小麦粉を使った麺よりもはるかにヘルシーでダイエットに気をつけている人にもお勧めです。

グルテンフリーの食品/コンビニでも買える食事

コンビニでも買えるグルテンフリー商品

グルテンフリーという言葉が一般的になりつつありますが、どういった食品を選べばいいのでしょうか。
パンやパスタなどわかりやすいものはいいのですが他にも様々な食品にグルテンは入っています。
カレーやシチューなどのつなぎにも小麦粉が使われていますし、揚げ物の衣にも使われています。
いざグルテンフリー生活を始めようと思ってもグルテンが入った食品は意外とたくさんあって難しそうです。

コンビニで手軽にグルテンフリー

アレルギーのある人だけではなく自身の健康のためにグルテンフリー生活を始める人も増えています。
どういった商品を選べば良いのでしょうか。

ランチを買いにコンビニに行った場合まず選ぶのはおにぎりが良いでしょう。
コンビニのおにぎりには添加物が多く含まれている場合はありますが、具によってグルテンフリーになります。
塩むすびや梅干し、赤飯などは安心でしょう。

またサラダを購入する場合、ドレッシングにグルテンが入っている場合があるので別売りになっているものを選びましょう。

麺類が食べたい場合には春雨やフォーを選びましょう。
パスタに比べてカロリーも低くダイエットを気にする人にもお勧めです。
また単品おかずやおつまみもグルテンフリーのものが多いです。

デザートも食べたい場合には米粉で作られた和菓子を選べば安心です。
選び方を工夫するだけでグルテンフリー生活も意外と簡単にできそうですね。

グルテンフリーの食品/小麦を使わないパン

健康ブームでグルテンフリー生活を始める人も増える中で米粉パンが人気です。
最近では米粉も一般的に販売されているので、自宅で簡単に米粉パンを作ることができるようになりました。

ただし米粉パンはグルテンを含まないので、膨らみが硬く食感が悪くなりやすいデメリットがあります。
米粉100%のパンを作るのならミズホチカラという米粉がお勧めです。
ミズホチカラは米粉専用に栽培されたお米でアミロース含有量が多く、独特のもちもち感がありパン作りに最適です。

またおからを乾燥させて粉末にしたおからパウダーもグルテンフリーで最近注目されています。
小麦粉に比べて糖質やカロリーが低いため健康を気にする人にもお勧めです。
おからパウダーを使った蒸しパンはレシピも簡単で初心者にもお勧めです。

グルテンフリー食品とダイエットの関連性

グルテンフリーの食生活に変えたことによって今までの不調が嘘のように体調が良くなったという人が多くいます。
また中にはダイエットに成功したという人もいます。
グルテンフリーでダイエットできるというのは本当なのでしょうか。

お米も小麦粉もカロリーは大きく変わりはありません。
なのでグルテンフリー生活で痩せるといった直接的な根拠はありません。

ただ痩せた要因としては小麦が使われている食品は脂質や糖質の高いものが多いのです。
例えばラーメンやパスタ、ピザ、ケーキやお酒など皆が好んで食べるものです。
グルテンフリー生活を送ることにより、高カロリーな食べ物を控えることでダイエットに繋がったとも言えるでしょう。

グルテンフリーの食品/代用できる粉一覧とおすすめの食材

小麦粉の代用に何を使えばいいでしょう

日常的に料理やお菓子作りに利用する小麦粉ですが、グルテンフリー生活を送るにあたって何で代用すれば良いでしょうか。
有名なものには米粉があります。
米粉パンなどもよく見かけるようになりました。

他にはおからパウダー、大豆粉、片栗粉、コーンスターチなどがあります。
おからパウダーはおからを粉末にしたものでヨーグルトにかけたり手軽に摂取できます。

大豆粉は焼き菓子に使うと風味が出ます。
片栗粉は揚げ物の衣に使えば竜田揚げになります。
小麦粉の代用になる粉は意外とたくさんあるのです。

飲み物にもグルテンが含まれている

グルテンフリー生活を送るにあたり食生活にばかり目が行きがちですが、飲み物にグルテンが含まれている場合があるので注意が必要です。
諸説ありますが、はと麦や大麦にはグルテンに似たタンパク質が含まれているとも言われています。

他にも流行りのブレンド茶にも注意した方が良いでしょう。

グルテンフリー生活を送るにあたってケーキやクッキーなどの洋菓子を食べる頻度は減り和菓子を食べる機会が多くなりますね。
和菓子のお供に緑茶はいかがでしょうか。
グルテンフリーで和菓子にも合うのでお勧めです。

グルテンフリーの食品/スーパーで小麦粉不使用の食材が買える

最近ではスーパーでもグルテンフリーと表示された商品をよく見かけるようになりました。
それだけ健康に気をつけている人が増えているということでしょう。
米粉パンはその代表的なもので大手メーカーからもたくさんの種類が発売されています。

その他にも麺類では春雨やフォーなどがありパスタよりもヘルシーでダイエットをしている人にも人気があります。
取り扱いの豊富なスーパーでは調味料やパスタソースもグルテンフリーの商品が置かれています。
グルテンを抜く生活はなかなか難しいと思われがちですが、最近では簡単に実践できるようになりました。

また米粉やおからパウダーも手軽に購入できるようになり、お家でグルテンフリーのパンやお菓子を手作りする人も増えています。

グルテンフリーの食品/購入できる店舗は?

スーパーなどでも数多くのグルテンフリー商品を見かけるようになりましたが、中でも輸入食品を扱うお店には商品の種類が豊富だと言われています。
パンやパスタ、スナック菓子からパンケーキにいたるまで数多くの商品が置かれています。

なぜならヨーロッパではセリアック病の人口がアジアに比べて多いからです。
セリアック病は小麦に含まれるグルテンに対する不耐症であり、小腸に影響を与え栄養素の吸収を阻害してしまいます。

そのため体重減少や貧血など多くの不調をもたらします。
ヨーロッパではパスタなどの小麦製品を多く食べる習慣があるためセリアック病の人口が多いとも言われています。
しかし食生活の変化により日本でもセリアック病の人は年々増加傾向にあります。

グルテンフリーの食品/イオンのアレルギー対応食品

健康への取り組み

近年の健康ブームにより体に良い食品が数多く発売されています。
大手スーパーのイオンでは自社ブランドトップバリュから「特定原材料7品目不使用シリーズ」を発売しています。
アレルギーを引き起こす卵、乳、小麦、落花生、そば、えび、かにを使用していない体にやさしい商品です。
商品の製造区域に特定材料7品目の持ち込みが無いよう徹底的に管理され、厳しい品質管理の元で製造されています。

今までアレルギー成分の除去された商品を選ぶのは時間がかかり大変、金額も高いのが当たり前と思われていました。
そういった悩みを解決できるような願いを込めてこの商品は開発されました。

トップバリュやさしいごはんシリーズ

トップバリュのやさしいごはんシリーズからは様々な商品が発売されています。
ミックス粉、麺、パスタ、パンやチョコレート、カレー、パスタソースなどです。
これらの商品を色々と組み合わせてアレルギーの心配のないご飯をたくさん作ることもできます。

小麦を含まないミックス粉を使ってパンケーキやクレープなどを手作りすることもできます。
米粉パンはピザやサンドイッチにもアレンジできます。
アレルギーだからあれもダメこれもダメではなく、みんなと同じ食事が出来ることが喜びにも繋がります。

グルテンフリーの食品/ナチュラルローソンのお菓子が優秀

ナチュラルローソンで美しく健康的な生活を

大手コンビニのローソンは「美しく健康的な生活」をサポートするための「ナチュラルローソン」を展開しています。
ナチュラルローソンでは食品添加物不使用を徹底しています。
また原材料についてはフルーツなどの一部商品を除き出来る限り国産を使用しています。

さらに生活習慣病予防の観点から特定保健用食品を優先的に採用しています。
また食品だけでなく無添加にこだわった化粧品や洗剤、入浴剤など幅広い商品が発売されています。

ナチュラルローソンで販売されているスイーツ

ナチュラルローソンでは数多くの体に優しいスイーツも販売されています。
プリンや焼き菓子、和菓子、スナック菓子にアイス、カットフルーツまで多岐に渡ります。
全てのお菓子は健康に気をつけている人が控えたいカロリーや糖質、塩分は控えめになっています。

また食物繊維やビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素はしっかり配合されています。ナチュラルローソンのターゲットは20代〜30代の若い女性ですが、それだけでなくダイエットや健康に気を使う全ての人に優しいお店です。
今後もさらに新しい商品が発売されていく予定です。

グルテンフリー食品についてのまとめ

この記事ではグルテンフリーの食品についてまとめました。

一般的な食品は小麦粉製品とわかるものから調味料として小麦粉が使われているものまで、非常に多くの食品に小麦粉が使われています。
レトルト食品やコンビニの食品の中からグルテンフリーのものだけを選んで食べるのはなかなか大変です。
またパンや麺類など日常的に食べているものが一気に制限されるのも、グルテンフリーの実践が難しいと感じる点です。

そこで現在では米粉パンやこんにゃく麺など、小麦粉を使わない製品が登場しています。
パスタやパスタソース、レトルトカレーもアレルギー対応食品としてグルテンが含まれないものも販売されています。

コンビニでも健康志向のお菓子が販売されており、素材をそのまま活かしたグルテンフリーのものが購入できます。
まずはパンを米粉パンにする、お菓子をグルテンフリーのものにする、などできるところからチャレンジしてみるのがおすすめです。

目次
閉じる