グルテンアレルギーの症状/小麦が体に与える影響、健康との関連

目次

グルテンとアレルギー/小麦が引き起こす症状

小麦アレルギーの主な症状

小麦アレルギーの人は小麦に含まれている複数のたんぱく質にアレルギー反応を起こします。

アレルギー反応を起こした時に見られる症状にはさまざまなものがあります。
蕁麻疹やかゆみ、肌がかぶれるなど、皮膚に症状が起こる人は多いです。
下痢や腹痛、吐き気など、消化器系に症状が出やすい人もいます。

そのほかにも花粉症にかかった時のような鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど、耳鼻科や眼科的な症状が出ることもあります。
アレルギー反応の程度が強くなると呼吸困難やぜんそくなど、呼吸器系の症状が出ることもあるでしょう。
この場合アナフィラキシーショックのリスクがあるため注意が必要です。

小麦アレルギーは大人になってから発症するケースもある

小麦アレルギーの多くは子供のころから何かしらの症状が現れます。
ただし体の免疫システムが小麦の中のたんぱく質に反応することで発症するため、大人になってから発症することも少なくありません。

不規則な生活習慣や偏った食生活を続けることによって体の免疫力が低下すると、それまでは大丈夫だった小麦に対して、アレルギー反応が起こることがあります。

グルテンは小麦粉に含まれるたんぱく質のこと

グルテンとは小麦に含まれているたんぱく質の一つです。
グルテンアレルギーはグルテンという成分にのみアレルギー反応を起こします。

しかし、小麦アレルギーではグルテン以外のたんぱく質に対してアレルギー反応が起こることもあります。
グルテンアレルギーと小麦アレルギーは同じものではありません。

グルテンとアレルギー/グルテンが及ぼす健康への影響や症状

小麦アレルギーとグルテンで起こる不調は別物

グルテンアレルギーはたんぱく質のグルテンに対してのみアレルギー反応を起こします。
小麦アレルギーは小麦に含まれている成分に対して起こるアレルギー反応でさり、グルテンが原因となることもあれば、グルテン以外の成分が引き起こすこともあります。
そのため必ずしも同じというわけではないのです。

グルテンが及ぼす身体への影響

グルテンアレルギーの人がグルテンを摂取すると体に様々なアレルギー反応が起こります。
人によってどのような症状が起こるかは異なりますが、消化不良が起こって下痢や便秘、またガスの発生や腹痛のトラブルが起こる人は多いです。

かゆみや肌荒れが起こり、アトピーのように慢性的な肌トラブルになる人もたくさんいます。
疲れやすくなってブレインフォグと呼ばれる精神的な疲労で悩む人もいるでしょう。
そのほかにも消化機能の機能が低下して肥満のリスクもアップします。
またグルテンには中毒性があるため食べすぎによる肥満も懸念されます。

グルテンで起こる消化器の不良は、腸内でグルテンが消化しきれずに粘膜が弱るのが原因の一つ

グルテンアレルギーを持つ多くの人は消化器不良のトラブルを抱える傾向があります。
腸内でグルテンを十分に消化できないために、粘膜の働きが低下することが原因の一つだと考えられます。

必ずしもグルテンアレルギーを持つ人が消化器トラブルを抱えるわけではありません。
しかし、もしもグルテンを食べた後に消化器トラブルが起こりやすいならグルテンアレルギーの可能性があるでしょう。

グルテンが引き起こすグルテン関連疾患

グルテンアレルギーは免疫疾患を引き起こすことがあります。

例えば、セリアック症は体の免疫システムがグルテンと反応して発症する消化器系の疾患です。
小麦アレルギーを持つ人の1%程度はセリアック症です。
この疾患にかかるとグルテンを食べることによって免疫システムが過剰に作用し、調の細胞に対して大きなダメージを与えてしまいます。
ダメージを受けた腸は腸壁から必要な栄養成分を吸収できなくなり、その結果機能不全が起こるのです。

グルテン不耐症もまたグルテンが引き起こす疾患です。
これはグルテン過敏症とも呼ばれていて、起こる症状はセリアック症とよく似ています。
しかしグルテン不耐症はセリアック症のように緊急の処置や対策は必要なく、起こる症状の度合いも軽度なケースが多い点が特徴です。

アレルギー症状や慢性的な不調を改善するには

グルテンを食べると調子が悪くなる人は、もしかしたらグルテンアレルギーかもしれません。
原因となるグルテンを避けてグルテンフリー食品を活用すると良いでしょう。

またアレルギー検査を受けてアレルギーの原因を特定することもおすすめです。
グルテン摂取後には何をどのぐらい食べたかをセルフチェックするのも良いでしょう。

グルテンとアレルギー/グルテン摂取で起こる症状まとめ

この記事では「グルテンのアレルギー症状」についてまとめました。
グルテンアレルギーは、グルテンを摂取した際に、体が過敏に反応してしまうもの。
その他にもセリアック症という免疫疾患を引き起こしてしまう場合もあります。

グルテンを含む代表的な食品には「小麦粉」があります。
小麦アレルギーの症状で見てみると、蕁麻疹・かゆみのように「皮膚トラブル」、下痢・腹痛をもよおすなど「消化器系」に不調をきたす場合や、ぜんそくなどの「呼吸器系」に現れる場合もあります。

注意点としては、小麦アレルギーはグルテン以外の成分に反応している場合もあるため、グルテンアレルギー=小麦アレルギーとは言えません。

しかし、小麦などグルテンを含む食品を食べて、不調になりやすい人はアレルギー検査を受けたり、グルテンフリーの食品を選んだりして対策するとよいでしょう。

目次
閉じる